◆サイト内検索◆

  • トップページ
  • 彩星学舎とは?
  • ご相談受付窓口
  • 高校生コースについて
  • 中学生コースについて
  • 小学生コースについて
  • 研究科
  • 入学までの流れ
  • 学生生活スケッチ
  • ボランティア募集
  • Q&A
  • 交通アクセス
  • リンク
  • 資料請求
  • 彩星学舎のワイルドな 徒然日記(ブログ)
  • 全国不登校・フリースクール
          掲示板

◆携帯サイト◆

携帯サイトQRコード
<徒然日記ブログ> <掲示板>
携帯サイトQRコード 携帯サイトQRコード

« YouTubeにて彩星学舎の朗読の動画が見られます。 | メイン | 進路相談、学校説明会! »

保護者・卒業生の方の声をまとめました!!

■ 高校生コース通信制高校卒業資格取得コース 卒業生・保護者の声

                                                    

1999年に開校した彩星学舎は学力充実を目指す生徒はもちろんのこと、不登校傾向やいじめ、集団不適応など対人関係で悩んでいる生徒に開かれた『学びのコミュニティー』として活動を展開してきました。この18年多様な学習ニーズを抱えた生徒たちが、粘り強く活動に取り組み、成長し、立派に社会にはばたいていきました。
 そんな卒業生や保護者の方の声をまとめました。貴重な声をぜひお読みいただき安心していただきたいと思います。

          

ogobnokoe.pdfをダウンロード

彩星学舎を選んだ理由を聞かせてください。
・友達とうまくいかず、登校できなかった。勉強も苦手でお客様状態でした。
・中学2年の秋に睡眠障害、食欲不振等の症状が出て、心療内科を受診。教室には行けず、卒業するまで、保健室登校(1日1~2時間)となった。本人が安心できる場を選びたかった。
・中学2年生の後半くらいから、保健室と図書室にこもり、ほとんど教室に入ることがなかったようです。担任の先生とはウマが合わないようで先生に反抗ばかりしていました。生徒に対して熱心な先生で、一生懸命努力すればするほど、空回りしてしまうようで、こちらとしても大変申し訳なく思いました。
・小学校6年2学期から中学3年間不登校。学校のことをなるべく忘れられる様な解放されるような暮らし、生活を心掛けた。学校生活に強い不安が残っていたので、彩星学舎以外は考えられなかった。
・発達障害の傾向があり、対人面でのコミュニケーションなど配慮して頂きながら特別支援学級に通っていました。学校生活では、困難なことが多く、苦しかったようです。行くのを嫌がるようになりました。自己を否定することをたくさん言うようになっていました。
・中学で特別支援学校の見学をしましたが、本人も親も違うなと感じました。高校進学は無理なのはわかっていたので、彩星学舎で様々な自信をつけてもらいたいと願い希望しました。

卒業生に聞きました!! 学習内容(テーマ型体験的総合学習)について教えてください。
・衣食住の三本柱のテーマ授業が良かった。定時制高校の教科学習だけではきっと続けていくのは無理だったと思うから。
・楽しく教えてくれるからよかったです。
・他人・自分と向き合うのに適したカリキュラムだったと思う。
・「授業」といったらノートと教科書。そんなかた苦しい感じが全くなく、授業なんだけど、そうじゃないような楽しい環境でした。身体を動かす時間が大好きでした。
・いろんな体験が出来た事。色んなイベントがあったおかげで、世の中が広がった。
・物を組み立てたりした作業が楽しかった。
・自分は夜型だったので朝は苦手でした。でもここでの体験が今の生活にいきています。

保護者の方に聞きました!! お子さんの変化について教えてください。
・彩星に通っている間、“えーうちの子があんなことができるのー!!”という驚きの連続だったように思います。回を重ねるたびに、自立して参加している印象を受けました。
・初めての電車通学、初めは一緒に行って、私も心配でしたが、心配をよそに、元気に楽しく通わせていただきました。何度かバスの方向を間違えた事もあったようですが、失敗も良い経験と思っています。
・社会性が身についたこと、何でも相談できる人に出会えたこと。
・転校して彩星に入り、心身ともに穏やかになった。考え方がしっかりしてきた
・イベント行事で、大きな声で出して他の子と協力して取り組んでいました。家でほとんど話をしない子だったので、彩星では声を出して頑張っているなと思いました。ずっと持っていた強い不安感を乗り越えることが出来たこと。仲間、友達がとても大切なものになったこと。
・自分で考え、自分でやるということが、普通のことになっていったように思います。今でも(20歳)生活に必要な、ゴミ出しやおフロそうじ、雨戸の開け閉め、食事の買い物、自分の生活の時間等々、自分でやっています。必要なことに気づく目を得ることができたと思います。
・自己否定をしなくなった。自分でも“できる”という自信を持つようになった。

卒業生・保護者の方に聞きました!! 卒業後の生活について教えてください。
・4年大学で2年生、在学中。
・充実したせいかつをしていると思います。契約社員ですが…。
・特例子会社に勤務。障害者だけの会社なので、指導員さんが細かい所まで気を配って指導してくれるので、本人も頑張っています。
・所沢リハビリテーションセンター→ホームセンター。検集所で入庫した商品のチェックをしています。
・市内就労支援センターへ通所。日本直販の化粧品の試供品セット。
・手帳を取得し、特例子会社に就職しました。楽しそうに仕事・余暇生活を過ごしています。

           ■ こちらのフォトムービーをぜひご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=B6udPrXdVuU&feature=youtu.be




  • 住所:〒330-0043 埼玉県さいたま市浦和区大東2-12-33
  • TEL:048-884-1234
  • FAX:048-884-1598
  • Email:saisei@saisei.jp