◆サイト内検索◆

  • トップページ
  • 彩星学舎とは?
  • ご相談受付窓口
  • 高校生コースについて
  • 中学生コースについて
  • 小学生コースについて
  • 研究科
  • 入学までの流れ
  • 学生生活スケッチ
  • ボランティア募集
  • Q&A
  • 交通アクセス
  • リンク
  • 資料請求
  • 彩星学舎のワイルドな 徒然日記(ブログ)
  • 全国不登校・フリースクール
          掲示板

◆携帯サイト◆

携帯サイトQRコード
<徒然日記ブログ> <掲示板>
携帯サイトQRコード 携帯サイトQRコード

彩星学舎の目的・事業内容

彩星学舎の目的

目的■
特定非営利活動法人彩星学舎は、子どもたちの健全な発達と自立を実現するために、市民の協働によって、学びのコミュニティーの場を創造することを目的としています。
事業内容■
特定非営利活動法人彩星学舎は、目的を達成するために次の事業を行なっています。

※ 特定非営利活動法人彩星学舎 会員募集に関して

彩星学舎の特色

生徒とボランティアがともに学びあう場
 エネルギーに満ち、行動力に富むスタッフが中心です。そのスタッフを多くの市民ボランティアがサポートしています。この「ボランティア・アシスタント」の姿が毎日見られることが、彩星学舎の特色の1つです。

 学生や主婦・主夫、勤労者など、さまざまな立場の方が参加しています。毎日の学習やさまざまなイベントに関わりながら生徒たちをサポートしています。生徒の目は、無意識のうちに社会へと向かい、視野が広がり、人とのつながりや豊かな人間関係が生まれることを実感しています。

 さいたま市の社会福祉協議会など外部からの信頼も高まり、そこから紹介されてボランティアに参加される方が増えています。参加された方たちは一様に、「生徒たちの表情の明るさ」「元気で活動的である」ことに驚かれるようです。生徒たちと接し、一緒に活動することによって、「実は自分が学んでいるようだ」と感想を述べられています。まさに「学びのコミュニティー」の意味が端的に表れていると言えそうです。

直接体験して自信をつける場
 子ども・青年たちには自分自身の可能性を発見し、自信をつけて欲しいと願っています。そのために直接的な体験・活動の機会をたくさん用意し、身体を通して学ぶカリキュラムを中心にしています。この「体験的な学習を重視する」ということが、彩星学舎の2つ目の特色です。

   年間を通した「国語表現」「生命と科学」「社会と文化」の講座として「農作」「調理」「大工」「レクリェーション・スポーツ」「演劇」といったカリキュラムが設けられています。野菜を育て、それを材料にした昼食を毎日作り、みんなで会食する。「育てること・作ること・味わうこと」この一連のカリキュラムによって、たくさんの発見と納得の学びが展開されます。さらに、身体を動かすことで自分の身体に気づき、「もの創りの原点」だということを知ります。

表現とコミュニケーションをたいせつにする場
 演劇はコミュニティーに最適の活動です。だれでも自分に適した役割をもって参加しながら、みんなで一つのことを創る喜びを味わうことができます。また演劇活動は、表現することや人間関係についての感覚・能力を育てる活動です。内在する表現欲求を解き放ち、だれかに認められ、自分もまた他者の表現(存在)を受け容れる。この「表現とコミュニケーションを重視する」ということが、彩星学舎の3つ目の特色です。

地域に開かれた学びの場
 「地域に開かれた学びの場」を提供するために、毎日の学習とは別に「公開講座」を開いていることが、彩星学舎の4つ目の特色です。毎月1回、土曜日の午後に小学生向きの「キッズ☆シリウス」が開催されています。生活の範囲が狭くなりがちな躓きのある中学生や高校生たちを対象にした体験入学会(公開体験講座)は隔月で土曜日に開催しています。

  「演劇」「料理」「言葉遊び」「仮面づくり」「火おこし」「化学実験」などの公開講座は、彩星学舎の生徒とボランティアが一緒になって、準備から運営、片付けまでおこなっています。こうした公開講座を通して「コミュニケーション」の座学と実践を学んでいます。

 彩星学舎は、今日の社会に必要となった「学びのコミュニティー」です。様々なニーズをもった少年少女・青年が生徒として入学しています。ハンディのある子どももいます。競争と序列には無縁の場で「創造する楽しさ」や「豊かな人間関係」を充分に体験して欲しいと願っています。

過去の助成事業

助成金
2008(平成20)年度
平成19年度中央ろうきん助成プログラム「個性が輝くひと・まち・くらしづくり」
『多様なニーズを抱えている青年の社会参加支援-就労体験事業-』
2007(平成19)年度
平成18年度埼玉県豊かな地域福祉づくり推進事業
 『教育・福祉・医療の狭間におかれた児童・生徒の自立へ向けた就労体験』
平成18年度さいたまコープ市民活動助成金
 『さまざまな学習ニーズを抱えた児童・生徒の食育、農育プロジェクト』
2006(平成18)年度
平成17年度埼玉県共同募金先駆的福祉活動サポート事業
 『教育・福祉・医療の狭間におかれた児童・生徒の自立へ向けた学習・生活支援事業』
2005(平成17)年度
平成17年 木下財団
 『パソコンの購入』
2004(平成16)年度
平成16年度シラコバト基金 福祉ボランティア体験学習事業
 『福祉ボランティア体験学習公募事業』
平成16年度シラコバト基金 市民サポート事業-先駆的な活動-
 『教育・福祉・医療の狭間に置かれた小・中学生の自立支援』
平成16年1月1日~12月31日 ファイザープログラム 心とからだのヘルスケアに関する市民活動支援
 『福祉と教育の間に置かれた不登校への生活支援』
2003(平成15)年度
平成15年度シラコバト基金 福祉ボランティア体験学習事業
 『福祉ボランティア体験学習公募事業』
平成15年度 生活協同組合ドゥコープ 市民活動支援助成
 『土曜講座 「学び」実践研究会の活動資金』
2002(平成14)年度
平成14年度住友生命社会福祉事業団NPO支援プログラム コミュニティケア資金助成プロジェクト
 『学習障害児や多動傾向、心のつまずきのある児童・生徒の社会自立へ向けての調理実習』
平成14年度埼玉県文化振興基金助成事業
 『特定非営利活動法人彩星学舎設立記念 彩星学舎演劇公演』
寄付金
2005(平成17)年度
平成17年度株式会社リコー社会貢献クラブ様
 『教育・福祉・医療の狭間に置かれた児童・生徒の自立へ向けた学習支援・生活支援事業』
2004(平成16)年度
平成16年 カジュアルカンパニー様
2003(平成15)年度
平成15年 埼玉県倫理法人会様
  • 住所:〒330-0043 埼玉県さいたま市浦和区大東2-12-33
  • TEL:048-884-1234
  • FAX:048-884-1598
  • Email:saisei@saisei.jp