◆サイト内検索◆

  • トップページ
  • 彩星学舎とは?
  • ご相談受付窓口
  • 高校生コースについて
  • 中学生コースについて
  • 小学生コースについて
  • 研究科
  • 入学までの流れ
  • 学生生活スケッチ
  • ボランティア募集
  • Q&A
  • 交通アクセス
  • リンク
  • 資料請求
  • 彩星学舎のワイルドな 徒然日記(ブログ)
  • 全国不登校・フリースクール
          掲示板

◆携帯サイト◆

携帯サイトQRコード
<徒然日記ブログ> <掲示板>
携帯サイトQRコード 携帯サイトQRコード

Q & A
入学・生徒募集についてよくあるご質問

Q & A 概要

公開体験講座―生命と科学―より

彩星学舎での学習や生活の様子は感じていただけましたでしょうか?小・中・高校生など各コース毎に特徴があり、演劇公演やバザーなど様々なイベントも盛り沢山。いろいろな風景が広がっている彩星学舎は体験してみないと分からないことが沢山あります。ここではよくある質問をまとめてみました。疑問に思ったことや気になったことがあったらぜひ確認してください。またこのページにない質問は直接質問コーナーに書き込んでください。スタッフがお答えいたします。

彩星学舎何でも Q&A

彩星学舎について、全体的なご質問にお答えします。

A1. 学びたい、すべての人が!!
----現在火曜日~土曜日の活動日に中学生・高校生・青年が約25名参加しています。小学生は月1回の小学生コース(キッズ☆シリウス)に参加しています。不登校、上手く人とコミュニケーションをとるのが苦手な、自信がない…等、様々な学習ニーズを持った人たちが利用しています。

A2. コース毎に違います!!
----平成21年4月現在高校生コース約20名、中学生コース5名、4名の青年が参加しています。男女比は6:4です。小学生コースは毎回15名前後の参加があります。男女比は7:3です。毎月在籍者は増減がありますので、在籍者数に関してはお問い合わせください。

A3. ニックネームで呼べる個性豊かなスタッフ!!
----スタッフは現在6名。ウエイトリフティングで日本1位の記録を持つ垣花代表を中心に劇団出身のスタッフやボウリングが趣味のスタッフ、機械が大好きなスタッフや農作ロボット?という愛称で親しまれているスタッフ、調理師免許を持つスタッフが皆さんと一緒に活動を行っています。そして近隣の埼玉大学の学生さんは身近なお兄さんお姉さん。ちょっと年が離れた社会人や主婦のボランティアメンバーが皆さんをサポートしています。会うのが楽しみになる人たちばかりです。

A4. さいたま市の真ん中?
----さいたま市浦和区の住宅街の中にある彩星学舎。最寄り駅はJR京浜東北線北浦和駅東口から2Km離れた2階建ての建物です。駅からちょっと離れていますが、生徒たちはバスや自転車で元気に通ってきています。

A5. 四角い建物で中にはいろいろな物がいっぱい!!
----もともと町工場であった2階建ての作り。メインの部屋は大変広くてちょっとした運動も可能かも。図書スペースや調理場、学習スペースに面談室などもあり普段の学習や生活は安心。運動場はないので近くの公園や体育館を活用しています。駐車スペースが限られているので、遠方からお越しいただく際はお問い合わせください。

A6. 自分の好きな服で!!
----制服はありませんので、自分のお気に入りの服で登校してください。農作業や調理、演劇やバザーなど動いたり汚れることも多いので、毎年作成している彩星Tシャツを着て活動することをお勧めしています。

A7. 彩星学舎のルール!!
----校則として定められたものはありませんが、2つのルールがあります。1つは金銭や高価なものの貸し借りは禁止しています。もう1つは個人情報の扱い方に関して定めています。多くの人が集う彩星学舎では、集団生活に必要なマナーやルールを常に確認しながら生活しています。

A8. やりたいことをクラブにして!!
----過去サッカーやバトミントン、パソコンクラブなどやりたい人たちが集まって活動を行ってきました。スタッフやボランティアを巻き込んでぜひ面白い活動にチャレンジしてみて下さい。

A9. さいたま市はもちろんのこと県内全域から!!
----さいたま市内(と言っても広いけど)から通ってきている人が多いですが、埼玉県内全域から通ってきています。高崎線沿いでは上尾・桶川・行田・熊谷、宇都宮線沿いでは蓮田・久喜・鷲宮、武蔵野線では所沢・越谷など1時間~1時間30分位通学時間となっています。過去は新潟・長野・栃木からの通学もありました。

A10. まずは無理をしないで!!
----彩星学舎の朝HRは9時45分からスタートしますが、遠距離通学であったり生活リズムが乱れていたりする人も少なくありません。昼夜逆転や身体的な状況などをぜひお話し下さい。徐々に朝から活動に参加できるように取り組んでいきましょう。

A11. 自分たちの飯は、自分たちで作る!!
----『自分たちの飯は、自分たちで作る』というのは調理実習のキーワードになっています。調理実習で全員分を作り、それを昼食時に食べています。調理実習が無い時以外弁当持参はありません。保護者の方も大助かりです!

高校生コース Q & A

高校生コース(ペガサスコース)について よくあるご質問にお答えします。

ペガサスコースについて よくあるご質問
Q1. 入学条件について知りたいです。誰でも入学できるのですか?
Q2. 入試はありますか?
Q3. 説明会について教えてください。
Q4. 通常の授業見学や個別相談は出来ますか?
Q5. 体験入学とかありますか?
Q6. 学力の心配があるのですが…
Q7. イベントについて教えてください。
Q8. 卒業後が心配なのですが、進路についての取り組みはどうなっていますか?進学とか就職とか…
Q9. 通信制高校の仕組みについて教えてください。
Q10. テストはあるんですか?
Q11. 活動中にケガをした場合、どうなりますか?
Q12. 欠席しがちなのですが、通い続けてもいいのでしょうか?怒りませんか?

A1. 学びたい意思がある人はぜひ!!
----募集要項に詳細がありますが、彩星学舎で学びたい!!と考えているであれば、ぜひ学びの仲間になって欲しいと願っています。

A2. あります!!
----彩星学舎で学びたいという意思を、校長(ヘッドマスター)垣花に伝える面接を実施しております。選考の為の学力試験は実施しておりません。

A3. 随時実施しております!!
----体験入学会の時や土曜日・日曜日に開催しております。活動やコース説明、進路状況、質疑応答等1時間のプログラムとなっています。開催日等に関してはトップページに最新情報をご確認ください。本人・保護者・教員等参加可能です。

A4. できます!!
----随時受付ておりますので、まずはご連絡ください。活動の状況により見学日時に関しては彩星学舎からご提案させていただきます。個別相談に関しては午前10時30分~と午後14時~の2枠がございます。まずはお問い合わせください。

A5. あります!!
----通常の活動への参加や体験入学会として開催している活動への参加等個々の状況に応じて準備されています。利用に関してはスタッフにご確認ください。

A6. みんな心配…でも支えてくれる人がいます!!
----学校で学んでいる教科学習が遅れている、出来ないから心配…。多くの人たちがそのことを心配して聞いてきます。彩星学舎には様々なニーズに応えていくプログラムが用意されているおり、あなたを支えるスタッフやボランティアがいます。じっくり丁寧に最後まで付き合うので安心してください。

A7. あなたの好きなイベントがある!!
----年間スケジュールにあるように、様々なイベントが用意されています。青空の下協力して作る野外調理でのカレーから始まり、田植えや農村体験、稲刈りの古民家合宿。学園祭のノリで行うバザーや演劇公演、知り合いのプロミュージシャンのライブまで盛り沢山。クリスマス会や節分といった定番イベントもあります。

A8. 個別の進路指導も実施しています!!
----教科や小論文指導はもちろんのこと面接指導から適性検査まで実施しています。大学や専門学校進学、就職へのサポート等個別面談で話を重ねて進めています。

A9. 3年間で無理なく、楽しく高卒資格が取れます!!
----通信制高校の卒業資格を取得する為には、(1)レポート(通信課題)の提出と(2)スクーリング(出席指導)が必須です。そして(3)試験に合格することによって3年間で74単位を取得して卒業できます。彩星学舎のペガサスコースでは通信制高校と提携して、皆さんの高校卒業資格取得までしっかりサポートします。冬季スクーリングはスキー合宿も兼ねていて、初めての方にもインストラクターがつくので安心して楽しむことができます。

A10. 前期と後期の2回!!
----7月の前期試験と1月の後期試験があります。直前に試験対策もありますので、準備して試験に臨んでください。テストというと難しそうだったり堅苦しかったりするイメージがありますが、大丈夫!また、勉強が苦手な方のために個別学習も用意しております。それ以外は一切テストはありません。

A11. 活動中に関しては保険が適用されます!!
----入学と同時に、保険に加入して頂きます。彩星学舎の活動は体験的な活動や郊外活動など多く予定されており、怪我したり体調が悪くなったりするケースも考えられます。活動中に大きなケガをした場合、保険が適用されます。また、擦り傷程度の小さなケガは、彩星学舎に常備してある救急セットで手当ていたします。

A12. 欠席は気にしないで!!
----欠席しがちでも連絡を入れてくれれば問題なし!怒るスタッフなんていないから大丈夫ですよ。個々に状況が違いますので、焦らず取り組んでいきましょう。メンタル面や身体的な面、両側面からのケアが必要です。彩星学舎は一人ひとりの体調やペースに合わせて共に歩みます。自分なりの彩星学舎との付き合い方を決めるのは、生徒さんご自身です。

中学生コース Q & A

中学生コース(オリオンコース)について よくあるご質問にお答えします。

中学生コース(オリオンコース)について よくあるご質問にお答えします。
Q1. 入学条件について知りたいです。誰でも入学できるのですか?
Q2. 入試はありますか?
Q3. 説明会について教えてください。
Q4. 通常の授業見学や個別相談は出来ますか?
Q5. 体験入学とかありますか?
Q6. 学力の心配があるのですが…
Q7. イベントについて教えてください。
Q8. 卒業後が心配なのですが、進路についての取り組みはどうなっていますか?進学できるのでしょうか?
Q9. 中学校との連携はどうなっていますか?単位や通学定期の扱いについて教えてください。ちゃんと中学を卒業できるのでしょうか。
Q10. テストはあるんですか?
Q11. 活動中にケガをした場合、どうなりますか?
Q12. 欠席しがちなのですが、通い続けてもいいのでしょうか?怒りませんか?

A1. 学びたい意思がある人はぜひ!!
----募集要項に詳細がありますが、彩星学舎で学びたい!!と考えているであれば、ぜひ学びの仲間になって欲しいと願っています。

A2. あります!!
----彩星学舎で学びたいという意思を、校長(ヘッドマスター)垣花に伝える面接を実施しております。選考の為の学力試験は実施しておりません。

A3. 随時実施しております!!
----体験入学会の時や土曜日・日曜日に開催しております。活動やコース説明、進路状況、質疑応答等1時間のプログラムとなっています。開催日等に関してはトップページに最新情報をご確認ください。本人・保護者・教員等参加可能です。

A4. できます!!
----随時受付ておりますので、まずはご連絡ください。活動の状況により見学日時に関しては彩星学舎からご提案させていただきます。個別相談に関しては午前10時30分~と午後14時~の2枠がございます。まずはお問い合わせください。

A5. あります!!
----通常の活動への参加や体験入学会として開催している活動への参加等個々の状況に応じて準備されています。利用に関してはスタッフにご確認ください。

A6. みんな心配…でも支えてくれる人がいます!!
----学校で学んでいる教科学習が遅れている、出来ないから心配…。多くの人たちがそのことを心配して聞いてきます。彩星学舎には様々なニーズに応えていくプログラムが用意されており、あなたを支えるスタッフやボランティアがいます。じっくり丁寧に最後まで付き合いますので、ご安心ください。

A7. あなたの好きなイベントがある!!
----年間スケジュールにあるように、様々なイベントが用意されています。青空の下協力して作る野外調理でのカレーから始まり、田植えや農村体験、稲刈りの古民家合宿。学園祭のノリで行うバザーや演劇公演、知り合いのプロミュージシャンのライブまで盛り沢山。クリスマス会や節分といった定番イベントもあります。

A8. 個別の進路指導も実施しています!!
----教科や小論文指導はもちろんのこと面接指導から適性検査まで実施しています。彩星学舎のペガサスコースへの進学、高校進学のサポート等個別面談で話を重ねて進めています。

A9. 出席扱いと通学定期発行!!
----在籍している中学校と連携を行なっています。彩星学舎への出席状況を中学校へ提出し出席扱いにすることができます。また彩星学舎へ通う際バスや電車で通学定期の発行が可能となっております。在籍している中学校の校長先生の判断によりますが、過去通ってきた中学生のほとんどが対象となっています。彩星学舎で自信を獲得し、中学校を卒業して次のステップに進んでいった先輩たちがいます。

A10. テストはありません!!
----オリオンコースではテストを行いません。その代わり、普段から個別学習による指導を行っており、生徒一人ひとりの学力充実を目指し強力なサポート体制で臨んでいます。また、進路に向けた学習プログラムの中で検定試験や模擬試験実施するケースもあります。

A11. 活動中に関しては保険が適用されます!!
----入学と同時に、保険に加入して頂きます。彩星学舎の活動は体験的な活動や郊外活動など多く予定されており、怪我したり体調が悪くなったりするケースも考えられます。活動中に大きなケガをした場合、保険が適用されます。また、擦り傷程度の小さなケガは、彩星学舎に常備してある救急セットで手当ていたします。

A12. 欠席は気にしないで!!
----欠席しがちでも連絡を入れてくれれば問題なし!怒るスタッフなんていないから大丈夫ですよ。個々に状況が違いますので、焦らず取り組んでいきましょう。メンタル面や身体的な面、両側面からのケアが必要です。彩星学舎は一人ひとりの体調やペースに合わせて共に歩みます。自分なりの彩星学舎との付き合い方を決めるのは、生徒さんご自身です。

小学生コース Q & A

小学生コース(キッズ☆シリウス)について よくあるご質問にお答えします。

キッズ☆シリウスについて よくあるご質問
Q1. 参加条件について知りたいです。誰でも参加できるのですか?
Q2. 親と子は一緒に受けられますか?子供をいつも見ていないと心配なのですが…
Q3. 兄弟での参加は可能ですか?小学生の兄弟でないといけませんか?
Q4. 子供がトラブルを起こすかも知れないのですが、参加してもよろしいですか?
Q5. いつも何人くらい参加しているのですか?
Q6. 宿泊学習やキャンプなどはありますか?何日くらい泊まるのでしょうか?
Q7. 子供が欠席しがちなのですが、通い続けてもいいのでしょうか?怒りませんか?
Q8. 保護者向けのワークショップでは、どんなことをするのですか?保護者だけの参加も可能ですか?

A1. 小学3~6年生なら誰でもOK!!
---- 彩星学舎で学んでみたい、遊んでみたい、友達を作りたいと思う小学3~6年生の児童なら、誰でも参加可能です。学力テストはありません。個別に支援が必要な場合はご相談下さい。

A2. 親子別のプログラムになっています!!
----心配かと思いますが、別のプログラムとなっています。それは受け入れ側体制が充実しているからです。彩星学舎のスタッフ(2~3名)とボランティア(5~10名)と彩星学舎の中高校生が一緒に活動を行っています。子ども2名に対して1名の大人がサポートできる体制です。児童一人ひとりにしっかり目を行き届かせることができます。ですので、どうぞご安心下さい!また、保護者の方には、児童とは別の部屋で保護者向けのワークショップを受けて頂くことが可能です。

A3. ぜひご兄弟でいらして下さい!!
----小学校低学年と高学年で兄弟参加というケースもありますので、参加申込時お問い合わせ下さい。その場合参加費用が割引となりますので、お得です!また、ご兄弟のうちに中学生以上の生徒がいらっしゃる場合は、中学生以上向けの体験入学会をご提案させて頂くことになります。

A4. トラブルが起きた時、私たちの学びになります!!
----トラブルが起きる要因は決して当事者だけではありません。周囲の要因も絡み合いトラブルが起きるのではないか、と考えております。トラブルが起きる環境をその場に集う人たちが認識し、対応策を確認することは当事者だけでなく、周囲の人たちにとっても良い環境が生まれます。ぜひそのような学びの場を一緒に作り上げる事にご協力ください。

A5. 児童は10人、スタッフなど全員で20人!!
----回によって参加者数は若干異なりますが、平均すると児童は10人くらい、スタッフを入れると20人くらいになります。友達を作りやすく、また、1人でいるのが好きな児童も気軽に過ごしやすい人数です。講座を行う2階スペースで走り回るのもちょうど良いので、元気な児童にはどんどん参加して楽しんで頂きたいです。

A6. 夏にキャンプがあります!!
----毎年、山梨県北杜市白洲町にて、7月末に古民家での農村生活とキャンプを行っています。7泊8日の日程で、山の清々しい空気を吸いながら、昆虫を探したり、川遊びをしたり、都会ではできない体験を存分に味わうことができます。大自然のもとで作って食べるキャンプ料理は格別ですよ!

A7. まずはエントリーから!!
----キッズ☆シリウスに参加する、とエントリーしても当日の朝になるとお腹が痛くなったり熱が出たり…。まずは第一歩として「エントリー」から始めてみませんか?焦らず取り組んでみましょう。キッズ☆シリウスは月に1度のペースで常に開催しておりますので、体調の整っている時にゆっくりお越し下さい。

A8. 普段の忙しさからしばし離れて・・・
----いつもお子さんのことで頭が一杯の保護者の方・・・。他人に迷惑をかけていないか、トラブルを起こしていないか・・・その事で疲れている保護者の方の悩みや思いを分かち合うのがこのプログラムです。また心理学を用いた勉強会も実施しています。また、児童が不参加の場合でも、保護者の方だけワークショップにご参加頂くことができます。

質問コーナー

ページにない質問は直接コメント欄に書き込んでください。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

  • 住所:〒330-0043 埼玉県さいたま市浦和区大東2-12-33
  • TEL:048-884-1234
  • FAX:048-884-1598
  • Email:saisei@saisei.jp